最近、カプセル型の胃カメラができているそうです。

私は、長らく胃潰瘍で苦しみ、その関係で、10年程度前まで、数回、胃カメラを飲みました。私の経験では、最後の1回を除いて、物すごく苦しかったです。カメラ挿入時に、吐きそうに何度もなるのです。最後の1回は、病院をかわったため、施術する医師が代わり、かなり経験のある医師にやってもらった関係か、まったく苦しくなく、これなら、何度受けてもいいなと思いました。それから、いろんな人に胃カメラについて、訊ねたのですが、人によって、意見がまちまちなのです。物すごく苦しかったと言う人、寝ているうちに終わっていたと言う人など、個人差が激しいのが特徴です。それで、カメラを飲むときの苦しさについて、ネットで調べたことがあるのです。その中で思ったことは、以前に比べて、カメラのコードが細くなったことも関係しているようです。私が最後にカメラを飲んだときは、かなり細かったです。それに医師の経験が豊富だったことが重なって、まったく苦しくなかったのかも知れません。ネットで調べたことによると、麻酔も関係するかも知れません。以前は、鎮痛剤は、使わなかったそうです。

しかし、最近は、鎮痛剤を使うところもあるとのことです。たまに、寝ているうちに終わっていたと言う人がいますが、この人は、鎮痛剤を飲んでいたのかも知れません。私がカメラを飲んだときは、目は冴え渡っており、眠るなんて言う状態ではなかったです。施術が終わったあとも、喉の麻酔が異様な感じがしただけで、すぐに歩けました。ところが寝ているうちに終わったと言う人は、施術後、歩くのもフラフラしたと言うので、そのことから考えても、鎮痛剤を使っていた可能性が強いです。このカメラは、年々進化しているようです。私が最後にカメラを飲んだときは、胃に腫瘍ができていたのですが、それを取り除く予定で、施術を受けました。

しかし、良性だったので、取り除くことはしなかったですが、こんなこともできるようになったのかと驚きました。最近、カプセル型の胃カメラができており、それはコードレスで、無線で操作ができると言うことをテレビでやっていたのを見ました。これなら、苦しくなくていいなと思ったのですが、実際には、胃を見ることには適さないそうです。胃は綺麗に映らないそうです。これは、小腸を撮影するのが主な目的で作られた物らしく、現在は、すでに実用化されているそうです。将来的には、技術が進歩して、胃カメラとしても、十分機能するようになるのではないかと思います。

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.

*